RECURE鍼灸マッサージ健康ブログ

鍼灸やマッサージや健康などに関するブログですが、生活やいろんなことも書いていきたいと思います。
オイルマッサージコース
オイルマッサージコースのクラスメイトは、一応、タイ古式マッサージのジェネラルを卒業した人が対象となっているので、前みたいに入った日が一緒というよりも、卒業するまでみんな入った日が違っても同じクラスという感じみたいです、ただ何クラスかあってどうやって振り分けられているかわかりませんが、そうみたいです。授業は、ギェネラルと同じようにプリントに沿って授業をしていくのですが、私自身、マッサージの資格を日本で持ちながら実をいうとオイルマッサージはそんなにしてこなかったし、授業でもほんの一部という感じだったので(他のマッサージ学校はどうかしりませんが)、あまり得意ではなかったのですが、5日間みっちり練習して、結構自信を持てるようになりました。やはり、日本というと、マッサージといっても、どっちかというと指圧が日本のポピュラーなスタイルだと思います。しかし、タイはタイマッサージ、ヨーロッパはオイルマッサージと場所が違えば、やり方、好みも変わってくるものです。ただ、最近、雑誌などを見ているとオリンピック村とかのマッサージボランティアでも日本人以外の選手も結構指圧愛好家がいるみたいだし、日本人も指圧を武器に海外で活躍されているかたも結構いるみたいです。ただ、日本でマッサージ(西欧から伝わる)をすると、服を脱がなくてはならないというデメリットが生じます。手や足ぐらいだといいのでしょうが、下着を脱ぐというと、女性の施術者が女性、もしくは男性に、男性の施術者が男性というなら、ありかもしれませんが、いきなり知らないのに男性の施術者が女性にマッサージをするというのは日本ではあまり考えられないのではないでしょうか?だから、日本では服の上からでもできる指圧がポピューラーの原因のひとつなのかなと思います。ただ、オイルマッサージも疲労回復や血液、リンパ液の流れがよくなり新陳代謝が促進されたり、足のむくみなども改善されるし、アロママッサージと組み合わせればより一層、皮膚のかさつきや頭痛、精神的な疲れ、不眠などを改善する効果もあるので、そういう方などには効果的なマッサージあると思います。

オイルの先生と、クラスメイトのタイ人の女性です。先生も二人いたのですが、一人の先生はちょっときびしい感じだけど、教え方も上手く大変良い先生で、もう一人がこの画像右側の先生でこの先生は大変やさしかったです。クラスメイトは同じ日に入ったといこともあり、ずっと最後までパートナーでした、最初っからマッサージが上手かったので何故かなと思ったら、スリランカでマッサージ(タイ式、オイル、フェイシャルなど)をホテルで教えていたみたいです。
| recure01 | タイ古式マッサージ | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
ワットポーマッサージスクールのほかのコース
ワットポーマッサージスクールには、このようなコースがあります。
Basic Courses
General Thai Massage
Foot Massage
Advabced corses
Advanced Thai Medeical Massage Therapy
Oil Massage and Aromatherapy
infant and Child Massage
私が受けたコースは、General Thai Massage、Oil Massage and Aromatherapyの二つですが、次回行く場合には、advancedを受けたいと思います。ゥ船礇ぅ襯疋泪奪機璽犬覆鵑、これから子供を産みたい女性の方にはぴったりだと思います、人気なのではないかなと思います、ただ、モデルは赤ちゃんの人形を使うみたいです、当然といえば、当然でしょが、、、。人形で思い出したのですが、以前私が日本で通っていた鍼灸マッサージ学校でも、人形というか、まあ、女性の胸の人形を使って授業をした経験がありました、ただ人形を使うというのが同じなんですが、女性は女性同士別の部屋で乳腺炎(乳腺がつまって炎症が起こり、痛みや発熱することですが、 どんな状態にしても、そのままにしておくとどんどん悪化し、切開しなくてはいけなくなります。おかしいなと思ったら早めに対処することで悪化を防ぐことができます)に対するマッサージの授業、男性はこの人形をつかって授業という感じでした。男性がまじめに人形、それも胸の人形へ向かっている様は、おかしいといか、傍からみれば変ですが、しかし、当然私たちはまじめに勉強していたのですが。まあ、ただ同じ人形ということで、ここまでひっぱってしまいましたが、、、、。
次回は、私がGeneral Thai Massage以外で受講した、Oil Massage and Aromatherapyのお話をさせていただきたいと思います
| recure01 | タイ古式マッサージ | 04:00 | comments(26) | trackbacks(0) |
今日もタイマッサージのことです
今回も又、タイでの学校の話をしていきます。

少しわかりにくいですが上の画像は、ワットポーでくれるマッサージのやり方のプリント(一枚)の一部です。こういうプリントが8枚あります。絵は結構適当なところもありますので自分でやりながら覚えるしかないですが、先生方が間違った場合は親切にアドバイスしてくれます、私の時は生徒二人に対して先生一人がついている状態だったので、大変よくアドバイスをくれました。私は授業が終わったら、次に日に備えて、イメージトレーニングなどで特訓しましたが、他の方のタイマッサージのサイトを見ると、マッサージ店のスタッフにお金を払って頼み込んで練習させてもらった方(練習熱心ですばらしいと思います)もいらっしゃるので、いろんなやり方があると思いますが、練習しないと結構手技があるので大変といえば、大変ですが、普通にすれば問題ないといえば、問題のないレベルです。最終日5日目に試験があるのですが、次回は試験のことについてお話したいと思います。

学校での授業風景です、写真の映りが悪いですが、こんな感じでマットの上でみんなで練習していきます
| recure01 | タイ古式マッサージ | 03:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
ワットポーのクラスメイト
今日もワットポーでのマッサージのことについて書きたいと思います。
ワットポーのマッサージクラスは、私のときは日本人一人で、インドネシア人、スイス人、イギリス人の男性と外人勢はみんな男性でしたが、みんな良い人で、特に年が近かったせいか、スイス人とインドネシア人とは学校が終わってからも、遊びにいったりして仲良くなりました。しかし、最初から、なんでスイス人とインドネシア人が仲良かったので不思議だなと思ったら、彼らはもともと知り合いで、スイス人の家族がインドネシア人のお父さんのゲストハウスに遊びに行った際に仲良くなったみたいで、家族ぐるみで仲が良いのです。でも、かわいそうなことに彼のゲストハウスも大地震の際の津波で大打撃を受け、今はやってなく、再開を目指してがんばっているみたいです、早く再開してほしいものです。又、最初は、彼ら二人でこっちに来ているのかなと思ったら、スイス人のお母さんが二人を連れてバンコクで観光した際に二人はワットポーの学校に通うことに決めたらしいのです。そんなクラスメイトと勉強していると、マッサージもセンスがいい人と悪い人と別れるもので、スイス人とインドネシア人はセンスが良いけど、イギリスの人はいまいちセンスが良くないなと思いました。あん摩マッサージ指圧の学校の時もそうですが、やはり若い人のほうがセンスはいい傾向にあります、まあ、人によってはそうとも言えませんがでも、だいたいそう思います。他のクラスの人の手技もたまに近くでやっていたので見ていたのですが、やはりそういう傾向にありました。クラスメイトも他にもタイ人の人たちもいるんですが、タイ人も結構いろんな人がいるもので、日本語が話せる人から、日本の福生で働いている人や、ドイツで働いている人などいろんな人がいました。タイ人の人たちも親切で、オイルコースのときにばったりお昼にあって、一緒にご飯を食べた際にいろんなタイのおやつなどくれたりもしました、タイのおやつはおはぎみたいなのですが、結構甘いのですが美味しかったです。そんな良いクラスメイトに恵まれたおかげで楽しい学校生活が送れました。
| recure01 | タイ古式マッサージ | 07:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
タイ古式マッサージ 
先日、バンコクにタイトラディショナルマッサージとオイルマッサージアンドアロマセラピーを学んできました。そのことや、バンコクのことについて書きたいと思います。学んだ先は、ワットポーという、タイでも一番有名ではないかと思われる学校です。朝9時から夕方の4時まで、お昼が一時間ちょっと休み時間があるのですが、ずっと実技練習なので結構馴れるまで疲れます。私の場合、連続して休みなく、古式マッサージとオイルマッサージを学んだので結構疲れました。古式マッサージ自体は、タイ南部(バンコク)は、指圧が多く、北はストレッチがメインらしいのですが、私が学んだところは南部でその分、日本の指圧のスタイルに似ていて私にとってはやりやすかったです。ワットポーの教師陣はまじめで(まあタイ人なのでちょっとゆるいかもしれませんが)、生徒が少なければ学べることも多いと思うので良いと思います。ただ、生徒が多いと、なかなか大変かなと思います。私のときは、クーデターが起きたせいか生徒が結構少なく日本人は私一人でした。私とイギリス、インドネシア、スイス人が外人組みで一緒に勉強しました。
今日は、ワットポーの勉強する環境などについて書きたいと思います
マットみたいな上で初めに先生がやって教えます、それから生徒同士でマッサージの練習をする
エアコンは寒いくらい効いています
タイ人や他の国の人とも簡単な英語やジェスチャーで通じるのでそんなに語学は必要なし
テキストも日本語で書いてあるし、プリントは絵が描いてあるがやっているうちに覚えるので日本人でも問題なし
最後の日にテストがあるが、このテストは、手順と立ち位置などがメインなのでそんなに問題なく、ほとんどみんな合格する
お昼ごはんは屋上で30バーツ(約90円)で一皿にとり放題な感じでタイ料理が食べれます
などが環境というかいろいろ書きましたが、、、こんな感じで勉強していきます
watpoの寝ている仏像です
watpoの寝ている仏像
| recure01 | タイ古式マッサージ | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ


本サイトの情報は必ずしもその内容を保障するものではありません。 また、当サイトの情報を利用することにより生じた一切の損害など について責任は負いかねますのでご了承ください