RECURE鍼灸マッサージ健康ブログ

鍼灸やマッサージや健康などに関するブログですが、生活やいろんなことも書いていきたいと思います。
<< 不眠症 | main | 手洗い ノロウイルス >>
迷ったら#7119 緊急は119
迷ったら#7119、緊急は119を来年の春から東京消防庁が実施するみたいです

「救急相談センター」の仕組みとしては

「おなかが痛い。でも救急車を呼ぶほどでもないかも」
「自力で病院に行けるけど、夜中だからどこが開いているかわからない」

などの疑問に答えるために、救急相談センターとして「#7119番」が設けられます、この目的は「119番」を補完する目的みたいです

背景としては、東京都内の救急車の出動件数は29年連続で増えて年間約70万件だが、6割は軽症だった。新ナンバーの活用で、本当に搬送が必要な重症患者に手厚い対応ができるようにする狙いがあるみたいです

実際に、東京消防庁によると、05年の都内の救急車出動件数(稲城市と東久留米市、島部を除く)は69万9971件。10年前に比べて25万件増え、また、現場への平均到着時間も6分30秒と、1分以上遅くなっている。

ところが、搬送した患者のうち、結果的に入院を必要としないなど軽症だった例が6割に及んだ

このため、同庁は来年5月に「救急相談センター」を新設。定年退職した救急隊員OBや看護師が、24時間態勢で「#7119」の電話に応じる。

「#7119」はこれまで、最寄りの病院などを案内する番号だったみたいです。119番を補完するサービスに格上げする試みは、全国で初めてみたいです。同庁の救急部は「迷ったら、#7119へ。ただし、緊急性がある場合には迷わず119番を」と話している。

この話からも、わかるようにタクシー代わりに救急車を使うなどは、もっての他ですが、実際に自分の症状が軽いのか?どうかというのはわからないものがあると思います、こういうときは、「#7119」で確認することも可能になる、選べるというのはより良いサービスではないでしょうか?

実際には、救急車有料化も議論されています、この制度がうまくいけばいいなと思っています


| recure01 | 健康 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.recure.info/trackback/225243
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

このページの先頭へ


本サイトの情報は必ずしもその内容を保障するものではありません。 また、当サイトの情報を利用することにより生じた一切の損害など について責任は負いかねますのでご了承ください