RECURE鍼灸マッサージ健康ブログ

鍼灸やマッサージや健康などに関するブログですが、生活やいろんなことも書いていきたいと思います。
<< 便秘(便通・便の状態)と大腸がんの関係 | main | 来春の花粉飛散量は少なめの予測(速報) >>
花粉症対策
花粉が飛ぶ時期には、憂鬱になる方も多いのではないでしょうか?
花粉症は、アレルギー疾患(外部より侵入した物質にからだが過剰に反応して、不快な症状を引き起こす病気)のひとつです。
その発症には体に備わっている免疫機能がかわっています。
症状が出てからではなく、事前にからだ作りをしておくことでその辛い症状をある程度抑えたり、症状を軽減することができます。
そのためには、自律神経のバランスを調えたり、免疫力アップさせ、アレルギーになりにくい体質づくりをすることが大切です。

東洋医学では、花粉症とは、食生活の乱れや精神的ストレス、過労などによる自律神経やホルモンなどのからだの機能の乱れが原因と考えます。
その、からだの機能が乱れると水分代謝が悪化して、体内の余分な水分が停滞し、そこに花粉が鼻から侵入すると、くしゃみを伴って停滞していた余分な水分が鼻水になってあふれだすと考えますので

鍼灸治療の花粉症に対する治療目的として

原因対策として、自律神経やホルモンなどのからだの機能の乱れを調整し、花粉症などのアレルギー疾患を根本的に治療していくことを目的に全身の鍼灸治療をおこないます

また、「鼻づまりや鼻水があふれ出して止まらないなどの鼻炎の症状」「目のかゆみ」「涙目」「頭痛」「頭が重たい」などの症状は大変つらいものです。こういった症状に対して、目や鼻周辺のツボを使い鍼灸治療をおこないます

花粉症に対する鍼灸治療は、症状の有無、軽重に関係なく一年を通じて行うのが効果的です。
花粉が飛んでいる間はもちろん、飛び終わった後や飛びまわる前も体質改善による根本的な花粉症の治癒を目指します。

東洋医学(鍼灸治療)では、体質改善によりツライ症状を改善していこというものです。
よって、ギックリ腰や寝違いなどの急性症状などは短期で劇的に改善することも多いですが、花粉症など時間をかけて症状が発生するものは、 徐々に症状が取れていき、1年後、2年後に気がついたら症状が改善してる様になってきます。
また、花粉症対策で全身に鍼灸治療をおこなっているうちに、肩こりや腰痛、冷え性・生理痛等などの不調も同時に改善されていきます。また、薬に頼りたくない方などにも鍼灸治療による花粉症対策をおすすめします

■生活の中での花粉症の予防

アレルゲンである花粉をさけるためにも、外出時には花粉になるべく触れない服装を着用したり、風の強い日は外出を避ける

風が強く晴れた日は花粉の飛散量が多いので、花粉情報をチェックし外出をコントロールしましょう

疲れをためないようにしましょう

冷たい飲み物、辛い食べ物などの刺激物や、アルコール、タバコを控えましょう

■漢方薬も併用されると効果があります

花粉症などの免疫疾患は、体質改善をすることにより症状を改善させていくものなので、漢方薬の服用を併用されることにより、より効果的に花粉症対策になります

漢方薬も鍼灸治療と同じく東洋医学の考えより、体質を改善させることにより症状を改善していくものです。よって、花粉症にはこれが効きますというのは人それぞれ、その方の証と言われる東洋医学的な診断によって服用する漢方薬も変わってきますが、花粉症に最も広く用いられているものには「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」という名前の漢方薬です。
小青竜湯には、麻黄、芍薬、細辛、乾姜、甘草、桂皮、五味子、半夏などの生薬が含まれており、体を温めたり、水分代謝を改善したり、発散作用によってアレルゲン(花粉)を除去する、という3つの働きによって、不快な鼻炎症状を改善します。
また症状そのものを抑えるだけでなく、花粉症の背景にある水分代謝や冷えなどを調整することで、鼻アレルギーを起こしにくくします。
最近では医師でも小青竜湯などの漢方薬を処方してくれるところもありますので相談されるのも良いと思います。
また漢方薬を実際に使用される場合は、必ず医師や漢方相談薬局・薬店などに相談してください

花粉症などで鍼灸治療やマッサージなどのご相談は、リキュア鍼灸マッサージ治療院までお気軽にどうぞ

人気blogランキングへ

ブログケンサクエンジン



| recure01 | 東洋医学 | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.recure.info/trackback/231729
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

このページの先頭へ


本サイトの情報は必ずしもその内容を保障するものではありません。 また、当サイトの情報を利用することにより生じた一切の損害など について責任は負いかねますのでご了承ください