RECURE鍼灸マッサージ健康ブログ

鍼灸やマッサージや健康などに関するブログですが、生活やいろんなことも書いていきたいと思います。
<< ららぽーと横浜 | main | 今春のスギ・ヒノキ花粉は終息は5月上旬まで >>
飲酒と心筋梗塞の関係
厚生労働省研究班によると、日本人でも、お酒で顔が赤くなる・ならないに関わらず、適度な飲酒による急性心筋梗塞の予防効果が確認されました

適度な飲酒は心筋梗塞を予防するという疫学研究の結果が、心筋梗塞の発生率が高い欧米を中心に多数報告されています。ところで、日本人を含む北方アジア系の人の約半数にはアルデヒドデヒドロゲナーゼ2(ALDH2)という酵素の活性が弱い遺伝子タイプであることがわかっています。この遺伝子タイプの人は、飲酒後にエタノールの代謝物であるアセトアルデヒトの血中濃度が高くなり、飲酒するとすぐに顔が赤くなることがわかっています

このために、厚生労働省研究班は、日本人に多くみられる飲酒で顔が赤くなる人は、逆に飲酒で心筋梗塞になりやすいという報告もあるため、調べていました

調査は、93年に茨城、新潟、高知、長崎、沖縄の5県に住んでいた40〜69歳の男性2万3千人に、飲酒習慣や顔が赤くなるかなどを尋ね、発症率を9年間追跡した

調査の結果、急性心筋梗塞になったのは170人。そのうち39人が亡くなった。酒を飲まないグループの心筋梗塞のリスクを1とすると、1日に飲む量が「1合未満」「1〜2合」のグループのリスクは、顔が赤くなるかどうかに関係なく0.5前後だった

適度な飲酒は健康の良いというのは、西欧諸国での疫学研究の発表や、ワインなどに含まれるポリフェノールなどは健康に良いというのは有名ですが、
今回の結果は、お酒の種類に関係なく、エタノール量に換算して検討されていますが、エタノールにも善玉コレステロールであるHDL−コレステロールを増やす作用、血液を固まりにくくする作用があるらしいです

その結果として、今回、日本人男性でも、お酒で顔が赤くなる・ならないに関わらず、飲酒による急性心筋梗塞の予防効果が確認されました。
しかし、1日当たり平均で1合(日本酒換算)を超える飲酒が、総死亡、がん、全脳卒中、2型糖尿病、自殺のリスクと関連することが、すでに報告されており、前述したアルコールの作用は、必ずしもすべての病気に予防的というわけではありません

総合的な健康を考えた場合には、飲む人でも1日当たり1合を超えないように気をつけることが大切です。また、もちろん現在飲まない人が無理をして飲む必要はありませんとのことです

詳しい情報は厚生労働省研究班の多目的コホート研究からの成果をご覧下さい
| recure01 | 健康 | 11:34 | comments(2) | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/09/14 8:48 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/09/10 6:17 PM |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

このページの先頭へ


本サイトの情報は必ずしもその内容を保障するものではありません。 また、当サイトの情報を利用することにより生じた一切の損害など について責任は負いかねますのでご了承ください