RECURE鍼灸マッサージ健康ブログ

鍼灸やマッサージや健康などに関するブログですが、生活やいろんなことも書いていきたいと思います。
<< 今春のスギ・ヒノキ花粉は終息は5月上旬まで | main | 善玉ホルモンは実は悪玉? >>
緑茶毎日5杯飲んで脳梗塞死亡リスク低減
緑茶毎日5杯飲んで脳梗塞死亡リスク低減

お茶が健康に良いということで、最近は普通に緑茶として飲む以外にも、アイスクリームやお菓子などでも使われたりしています、まあ美味しいから使うというのもあるでしょうが、、、

そんな日本人が普段から飲む緑茶が脳梗塞での死亡低下に効果があるらしいのです

緑茶と脳梗塞のリスクの関係を発表したのは、東北大学の栗山進一助教授、辻一郎教授らのグループです。

この研究成果は米国医師会雑誌JAMAに掲載された模様で、欧米でも反響が大きいみたいです。

具体的な研究としては
今まで、緑茶などに含まれるポリフェノール、特にエビガロカテキン・ガーレイトには循環器疾患やがんに対して防衛作用があることは動物結果などで盛んに研究され、報告されている。日本においても最近はポリフェノール含有がかなり高いチョコレートなどは店頭に良く並んでいるのもこういう研究の結果がバックボーンにあると思いますが、しかしながらヒトを対象とした研究は少なく、一致した結論が得られていなかったのが現状だったらしいです

そこで、栗原助教授らが1994年から宮城県内の40-79歳の男女4万530人を追跡調査し、一日に緑茶を飲む量で4グループに分け分析しました

その結果として、脳や心臓などの循環器系の病気の死亡のリスクが、緑茶を飲む量が多いほど低下という結果が出て、一日に一杯未満の人に比べ、5杯以上飲む人は男性で22%、女性で31%もリスクが低下したらしいです。
また、循環器疾患の中でも特に脳血管障害のリスクの低下が見られ、脳血管障害の中では特に、脳梗塞でのリスクの低下が顕著という結果が出たみたいです

一方でガンによる死亡のリスクと緑茶は関係なしと結果がでたみたいです。また、紅茶やウーロン茶を飲む料とこれらの病気の死亡リスクに関連はなかったとも結果がでています。

紅茶にもタンニンというポリフェノール化合物の一種が入っているので、紅茶や緑茶は効果的だが、コーヒーは関連がないとなれば理解できますが、紅茶は効果がないということはタンニンではだめで、カテキンが有効ということなのかもしれませんが、私としてはお茶を5回飲む=一服を5回する=ロハスなスローライフ??という感じで、もしかしたら心のゆとりができているからリスク低減というのも影響するかなとも思ったりもしたのですが、どちらにしても、緑茶を一日に5回以上飲めば、大幅に脳梗塞のリスクが低減するということなので、お仕事などの合間にお茶を飲むと良いかもしれません

マッサージや鍼灸などでのご相談は、リキュア鍼灸マッサージ治療院までお気軽にどうぞ
| recure01 | 健康 | 21:59 | comments(4) | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/07/03 8:13 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/07/03 5:33 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/07/02 9:07 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/06/29 6:02 PM |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

このページの先頭へ


本サイトの情報は必ずしもその内容を保障するものではありません。 また、当サイトの情報を利用することにより生じた一切の損害など について責任は負いかねますのでご了承ください