RECURE鍼灸マッサージ健康ブログ

鍼灸やマッサージや健康などに関するブログですが、生活やいろんなことも書いていきたいと思います。
<< オイルマッサージコース | main | あと、タイといえば言い忘れていましたが >>
バンコクの生活
今回はバンコクで思ったことです。バンコクは行ったことがなかったので、どんな感じの国かなと思いましたが、中心部というか商業施設がたくさんあるところはデパートや日本の原宿みたいな感じの若い人に人気があるお店など日本とそんなに変わらない感じもしましたが、やはり、他のところはおしゃれからは遠いイメージで、生活感あるれるお店がたくさんありました。昨今日本も格差拡大と騒がれていますが、やはりバンコクでの人々の生活を見ていると日本は格差拡大と騒がれていても、バンコクに比べるといいのではないのかなと思いました(でも、日本の格差拡大助長をしている訳ではありませんが)。私も、日本じゃありえないようなゲストハウスに5日間泊まったのですが、160バーツ(480円くらい)という安宿です。スイス人と友達が泊まっていたのでここでいいかって感じで泊まったのですが、シャワーは水しか出ません、まあ、タイの暑さを冷たい水が洗い流してくれるのですが、やはりホットシャワーがいいですね、あと、トイレ、シャワー共同だし、部屋には扇風機しかついてませんでした。結構いけるかなと思いましたが、水のシャワーはまだ我慢できても、扇風機だけだとバンコクでの夜は暑くて、一時間に一回くらいは起きてしまうし、熟睡できなかったです。しかし、バンコクはいろんなアジアなどを旅行する人には起点になっているらしく、そういう旅をしている日本人の方と話す機会があったので話したら、そのゲストハウスはまだましだという話でした。インドなどはもっとひどいそうです、バンコクなんかセブンイレブンがいっぱいあるし快適だそうです、確かに、セブンイレブンはかなりありました。最初は、僕も現地の食べ物は怖かったので、セブンイレブンやマクドナルド、KFCなどよく行きました。今になったらもったいなかったですが、現地のものをもっと食べていればよかったです。あと、タイで思ったのが黄色い服を着ている方がたくさん多いのです、スイス人の友達に聞いたところタイ王室が黄色がイメージカラーみたいなので着るみたいとのことだったけど、日本に帰ってサイトを見ていたら、月曜は黄色い服を着ようキャンペーンをしているみたいです。たしかに月曜はかなりの人が黄色の服をきていました。今回のタイでの滞在はそんなに長くなかったので、あまりどこもいかなかったのですが、タイのいろんな側面などを見れて勉強になりました。結構、僕の知り合いの人などもタイにはまって日本に帰ってきてバイトして、タイへ行って生活という繰り返しをしている人などもいましたので、微笑みの国タイはそんな魅力もあるのでしょう。
| recure01 | バンコクでの生活 | 22:43 | comments(1) | trackbacks(0) |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/11/01 6:09 PM |









http://blog.recure.info/trackback/71720
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

このページの先頭へ


本サイトの情報は必ずしもその内容を保障するものではありません。 また、当サイトの情報を利用することにより生じた一切の損害など について責任は負いかねますのでご了承ください